【デリヘル体験談】渋谷で現れたのはデブスだった……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
渋谷のデブスデリヘル嬢

どうもこんにちは、ブスに厳しいブスでお馴染みの江頭鉄雄です。

実はこの前(といっても去年の秋の話だが)、とんでもないデリヘル嬢にあたってしまった。
あまりにショック過ぎてお蔵入りにさせようと思っていたのだが、
今では笑い話にできるのでここで公開しようと思う。

どこのお店のどの子とは言えないが(営業妨害になってしまうので)
東京の渋谷エリアで利用したデリヘルがすごかった。

写真では石原さとみか?というくらい可愛くてスタイルもバッチリだったのに、
現れたのはデブスだったのだ(!!!!!!!)

写真の加工については厳しい目を持っている私だが、この時は見破れなかった……相当な加工技術を持ったデリヘル店なのだろう。
てかもうほんと別人!最初から別人の写真使ってんじゃないかってくらい別人だった。

自分もブスのくせにブスな女性を許せない私は魔法の呪文「チェンジ」を唱えたかったが、
これができない……
「チェンジなんて言ったら嬢が傷つくよな……」とか考えちゃって……。

自分優し過ぎかよ……。
あと小心者っていうのもあるな……。

そんなわけでデブスに対してチェンジの呪文を唱えられないままあれよあれよとプレイへ突入してしまったのだ。

そしてこういうデブスに限って積極的だったりする。
ディープ過ぎるディープキスをかまされて私の気分はだだ下がり。

デブス嬢は私の上に乗って(重い!!!!)首筋、乳首あたりをペロペロしてくるのだが
とにかく重くて苦しい。早く上からどいてほしくて
私はしかたなく「フェラしてほしいな」なんて思ってもいないことを口にしたら
ここでもデブスの積極性が発揮された。

「じゃあ69しましょう♪」

嘘だろ……(絶望)
デブスの臭そうなマンコなんて触りたくもねえし舐めたくもねえし見たくもねえよ……

しかし断れない私が挙動不審になっている間にデブスは勝手に69の体勢に。
デブスの黒いマンコが目前に迫った私は気絶寸前だった。

てかマンコごしに見える腹とか、マジデブだな……。

デブス嬢は私のチンコを思うままにシュコシュコと手コキし始めた。
ぐ……これは結構気持ちいい……。
目の前の光景さえなければイケそうだ……。

そう思った私は目をつむり、私からはデブス嬢に何もせずにチンコへの刺激にのみ意識を集中させた。

するとデブス嬢が「私のおまんこも触ってぇ」と、切なげな声を上げてきたのだ……死にたい……。

仕方ないので人差し指でデブスのクリトリスをちょいちょいといじってやると

「ああああん、きもちいいぃぃ……」

なんていう気持ち悪い喘ぎ声を上げてきた。

てか……嘘だ嘘だと自分に言い聞かせてここまできたが……
このデブスのマンコ……臭い……!!!!!!!!!!
拷問。地獄絵図。死んだ。
息継ぎもままならない。
こんな時は口呼吸だ鉄雄!!頑張れ鉄雄!!!!死にたい!!!!!!d(*⌒▽⌒*)b

口呼吸でなんとか悪臭を回避しながらデブスのマンコをいじり、なるべくデブスからの施しにのみ意識を集中させる……
大丈夫……鉄雄イケるよ、大丈夫大丈夫……。
「ビリーヴ・ミーから始めよう」って松岡修造も言ってたじゃん……。
ビリーヴ・鉄雄。イケる。

松岡修造を胸に集中に集中を重ねたところ、
私はようやく発射することができた……。 
デブスが手コキ上手で助かった……。

なんだったんだこのデリヘル体験は……アレかな、心のトレーニングかな(⌒-⌒)

たまにはこんなこともある。
今や笑い話。
みなさん、「これは……」と思ったら遠慮なくチェンジしましょう。
ご清聴、ありがとうございました。

今までのデリヘル体験談はコチラ

コメントを残す